読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット ブログ

健康・ダイエットを中心・ダイエット ブログ

食事の回数をへらすと本当に大丈夫なの

三度の食事を摂るようになったのは、鎌倉時代、永平寺の開祖道元が、中国からその習慣を持ち帰ってからとされています。それが次第に支配階級や僧侶たちの間に伝わって、武士階級がすべて朝・昼・晩の三食を摂るようになったのは、江戸時代中期以降のことです。

漢方店ダイエットサプリへようこそ
漢方店ダイエットサプリへようこそ

終極痩身カプセル(赤箱)

それが町民の間にも普及し、明治維新によって武士階級が崩壊して新政府が平民を集めて軍隊を作り、彼らに武士階級と同じ食事方式を採用したので、一日三食の習慣が全国的に普及するに至ったのです。
明治政府は、軍隊に農家の二男、三男を募り、食べるものもままならなかった時代に三食を用意して、嫁ももらって暮らしていける条件をつくったという、貧しい中での食事情があったのです。

漢方店ダイエットサプリへようこそ
漢方店ダイエットサプリへようこそ

韓国痩身一号--コリアンスリム(美体型)

こうしてみると、一日三食という食習慣が日本人全体に普及したのは、明治の軍隊がはじめたことで、わずか一〇〇年ちょっと前であり、とにかく腹いっぱい食べられるということで三食が制度化されたことから定着したとみて間違いないでしょう。と、記載されてあります。その他様々な情報を辿っても恐らく江戸時代後期から明治にかけて1日3食が定着して行ったようです。

漢方店ダイエットサプリへようこそ
漢方店ダイエットサプリへようこそ

唯美OBプロテイン秀身素(第4代)

つまり、具体的に健康に良いとか悪いとかという内容ではなく、単にお腹いっぱいになるという事だけを目的に1日3食になってしまったのです。しかも当時の日本と、現代日本を比べて明らかに高い食事になっています。
だとするならば、食事の回数は減らしても問題なさそうです。
ところで、美人になりたいと、漢方店ダイエットサプリへようこそ。