読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット ブログ

健康・ダイエットを中心・ダイエット ブログ

一番効果のある不眠の治療方法

不眠は 長時間の睡眠の量と質が人に満足させない症状です。寝つきが悪いは不眠の代表的な症状、次は睡眠維持困難と早く目覚めです。以上の症状共存している患者が 多いです。生活ストレスの急増、それとも生理機能の乱れ(特に内部分泌機能の乱れ)が不眠を起こします。ある人は反復に不眠して、それからは不眠に日々怖くてまたその結果を過分に注意しこうしたら悪循環になり、不眠を持続に存在させます。

 

睡眠不足の危害

1、脳の思考能力を影響すること 脳の思考をはっきりさせ、反応を敏感させるには充足な睡眠時間が必要で、長期に不足すれば脳は十分の休みを得ないそのために脳の思考力と処理力が影響されると科学研究員がそう思います。

2、体の成長を影響すること 特に成長期にある児童と青少年にとって、充足な睡眠が非常に重要なことです。

3、病気を引き起こすこと よく睡眠不足になる人が焦がしやすいし免疫力も低下なるし、だから各種類の病気を引き起こします。(例えば胃腸炎、心臓病などの病気になるリスクの増加)

 

不眠もあるよくある心理精神障害(例えば不安神経症、うつ病強迫性障害、神経衰弱、身体化障害、統合失調症、躁病など)の随伴症状の一つです。大きな精神的なショック(例えば親類が亡くなった、離婚させ、失業さ せ、レイプさせるなど急、慢性ストレス障害を引き起こせる情況)を受けって不眠を含むある短いまた持続的な精神と体の病気になります。なお、不眠は最もよく見られる慢性ストレス障害症状の一つです。他にはある強い生理的な刺激、例えば寒さ、猛暑、ノイズ及び短期や頻繁的な睡眠環境の変化(例えば出張、時差調整、二交代)も不眠を引き起こすよく見られる原因です。

お茶か果物で治療する

お茶は中国伝統的なドリンクで、良い薬です。その効用が解毒する、体を鍛える、養生する、心を清める、身を修めるこの五つです。中国唐朝の陸羽著わした「茶経」がこう書いてある「茶之为饮乎神 氏,周公」即ちお茶は神農氏の時ドリンクとして使われる魯週公の時文字資料に掲載されました。「本草衍義」、「新義録」などの本で「神农尝百草 , 日遇七十二毒 , 得茶而解之」(即ち神農氏が漢方材の薬効を分るように、百種類以上の漢方を食べ、その結果一日に72種類の毒に遭って、お茶を飲んでから意外に毒が解除させた)との記録があり、これでお茶が薬としての役割を説明します。「史記」で「神农尝百草 ,始有新」(神農氏が自分で漢方を食べることにより新しい薬が発見されたという意味)、これはお茶の効能が食の上で発生することを説明するのです。食は薬になる前に発生します。でも、食としても薬としても源は同じ、だから分けにくいと思います。お茶で治療する方法は副作用ないし依頼性もない、熟睡できない、睡眠時間が短すぎ、目覚めてしまい再び寝付くのが難しい、頻繁に悪夢から目覚し、寝ても精力が回復しないなどの現象をよく改善します。

不眠症を控え、睡眠質を改善するのは薬飲むだけでできることではないです。「是薬 三分毒」これこそ不眠患者は飲まなくてもいい場合飲まない方がいい、ほかの代替品(例えば果物とか野菜とか)を探して、これは症状を改善できるし体にもいいです。

今は長期に不眠してる人が食べたいい果物を御紹介します。

キウイ
新しい研究により:毎日キウイつ二つ食べて、睡眠質を40%高めることができます。睡眠障害の起こるは中枢神経の過度呼び、交感神経の過度興奮やストレスによるホルモンの大量分泌が関係あります。
キウイはカルシウム、マグネシウムとビタミンCが富んで、これは神経伝達物質の合成と伝達に役たちます。なお、フルーツであんまりないカルシウムも含んで、情緒の安定と交感神経の控えにも役たちます。

葡萄
最近の研究によって、葡萄は睡眠改善に 大きな役割がある、その原因は:葡萄の中で睡眠を補助する物質――メラトニンがが含まれる、これは脳の松果腺から分泌した睡眠と関係強くものです。夜はメ ラトニン分泌の旺盛時間でこれはもう寝る時間と予告します。朝はメラトニン分泌最少の時、これはもう起きる時間を表示します。だから、葡萄は睡眠を調節でき、不正常の睡眠状況を改善できます。ワインは酸化防止剤とアルコールが含まれ、メラトニンの含有量はもっと多い、睡眠にもっと良いの補助効能があると専 門家が言いました。

バナナ
バナナは人をうつ情緒から離れるビタミンB6と人に愉快させる5-メトキシトリプタミン物質が含まれ、人を有効的にうつ病症状に離れ睡眠を促進します。

夏目
夏目はタンパク質、糖、ビタミンC、カルシウム、リン、鉄などの有益物質が含まれ、脾臓を補う神経を鎮めるの効能があり、晩飯の後夏目と水のスープあるいは百合とのお粥を食べるのも速く眠れます。

リンゴ
現代生化の分析により、リンゴは糖類、ペクチン、タンパク質、リンゴ酸、キニーネ酸、レモン酸、酒石酸、カロチン、ビタミンB族、ビタミンC、カリウム、亜鉛、リン、カルシウムなど多種の元素が含まれる。その匂いの中でアルコール類92%、カルボニル類化合物6%含まれる、リンゴのその匂いが神経に鎮める 効用があり、人を寝付くように促進します。