読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット ブログ

健康・ダイエットを中心・ダイエット ブログ

男の一週間の精力をつけるレシピ 

 レシピは体調が虚弱の原因で性機能減退者或いはインポテンツに対して、一定の治療効果があり、またおいしく口に合って、お金も少ない、富む栄養。只今1週間の精力をつけるレシピをおすすめ、次の通りです。

 

  月曜日:天然の“バイアグラ”――ニラ

 

  漢方には、ニラは“精力をつける草”と言うとてもよく響く名前があって、ニラを“腸を洗う草”に称する人があって、このようにだけではない、ニラは多くの名前があります。ニラはまた草鍾乳、起陽草、長生き草、また偏平な野菜を語っています。ニラが薬になる歴史は春秋戦国時代までさかのぼることができます。《本草綱目》の中で、ニラの効果は:“生汁主上気、あえぐを治め、筋肉の毒を解きます。汁を煮て飲んで、咳を消え寝汗をかくことができます。”

  おすすめ:

  ニラを主材としてのニラと卵の炒め、ニラと肉の炒め等、或は韮を主材としたギョーザ、中華まんじゅうなど推測します。日常料理はニラと卵を炒めることができます:新鮮なニラを100グラム、きれいに洗って細かく切って、卵の3(殻に行く)と細かく切るニラと均等に混ぜで、植物油、塩で炒める。機能:体を暖かくして血を改善、腎臓を暖かくして腰とひざを改善。 

  注意:   

  ニラが消化しにくいため、一回は多く食べるのがよくない、漢方医は、隠虚のに火が盛ん者(病状:いらいらする、頬骨が紅潮、口が渇くのに水を飲みたくない、舌が赤くて苔が少ない、寝汗等)、瘡目の患者はニラに食べるのを避けて下さい。辛口が好きでない人は食べないほう、アレルギーを引き起こしやすい人も食べるないようにして下さい。

    

  火曜日:昔から——羊肉は精力をつける  

1800年前にで、聖人のような医者の張仲景は当帰ショウガ羊肉のスープを食療の処方になって、《金概略》に記載しました。《本草経補充》は更に羊肉と朝鮮人参を同列に論じて、それが暖かくて、体を強く、体を鍛えの肉類の高級品だと思っています。近代的な栄養学でも実証して、羊肉は栄養が豊富なだけではなくて、また微量の性ホルモンを含んで、確かに精力をつける効果があります。

おすすめ:   

  杜仲とヒツジの肉煮込み:羊肉は冬季の食卓の上によくある料理で、熱性に属して、自身は陽の効果に役立って、杜仲は腎臓を補う良薬で、腰やひざのぐったり と 夢精の病状を緩和することができます。杜仲は杜仲木の樹皮で、《本草経集注》の中で記録があり、杜仲を選ぶ時それを断ち切って、中に綿の繊維みたいな白い糸があるのが、品質のわりに良い杜仲です。20グラムの杜仲と250グラムの羊肉で“ハネムーン料理”を作って食べます。普通はまず杜仲を売薬のスープに炒めて、それから薬の汁を羊肉と煮込むして、1-2/週間食べればいいです。

  注意:  

  これは1本の薬膳であり、連続して服用するのがよくない、腰やひざのぐったり病状が緩和したと感じれば、止めます。その他に、羊肉を食べるには禁忌が多いです:一番目は酢、茶と同食のはよくない、精力をつける効果を下げて、タンニン酸の蛋白質に発生して、便秘を誘発します;二番目はスイカ、キュウリなどの涼しい食品と同食のがよくない、羊肉の暖かい効果を下げるだけではなくて、また胃腸機能に妨げになります。 

  

  水曜日:小さいな豆腐——精力つけ  

   小さい豆腐をばかにしてはいけなくて、実は、豆腐は中と、唾液の分泌を促進し乾燥を潤し、その他の食品と配合して、腎臓を補って精力をつけることができて、養隠益血の効果がある、体を強く品物です。体が虚弱、インポテンツは夢精して、小便が頻繁等の病気に適用。同時に中老年者の保健にもして食事に栄養を補給することができます。豆腐で種々の“豆腐料理”をつくって、例えば黄色のもやし煮る豆腐、セリホンを煮込んで豆腐、スパイシーの豆腐、スパイス豆腐などができます。 

  おすすめ:  

  ナマコの豆腐:ナマコの400g、豆腐の300g、卵白の6個、牛乳の150g、シイタケ板の15g、野菜の3株、ハムの20g、熟しているニワトリ肉の25g、料理酒、ネギの姜汁、化学調味料、塩、肉のスープ、ラード、でんぷんそれぞれ適量。

  豆腐に卵白、牛乳、塩、化学調味料が均等にかき混ぜる、20分蒸します;ナマコの切片、お湯にさっとゆでます。

  鍋にラードを入れて、ナマコ、料理酒、ネギをおりる姜汁、塩、化学調味料、肉のスープは焼き始めて、味が良い後をとろ火で煮て、ハムの板、シイタケの板、熟しているニワトリの板、野菜をプラスして煮込んで、でんぷんを付け、皿にいれて、ナマコは皿の中間に置いて、再びフヨウの豆腐をナマコ周りに置いて、食べられます。

  効果は腎臓を補って精力をつけて、滋阴養血、豊かな筋肉。

  木曜日:男性にエビと女性にカニ――精力をつけにはエビ食べることを忘れるなかれ  

  男性は食べて補って、威風堂々としている将軍のエビは本当に軽視してはいけません。漢方医の養生は、エビは味が甘い性が暖かくて、腎臓の精力をつける機能を補うことがあります。エビの栄養価値が豊か、脂肪、微量元素(燐、亜鉛、カルシウム、鉄など)とアミノ酸の含有量は非常に多くて、またホルモンを含んで、腎臓を補って精力をつけることに役立ちますと近代的な栄養専門家達が一致に認めます。西方で、ある人はブランデーの酒でエビにもしみこんで精力をつけて、このにかんがみて、何故精力をつけにエビが不可欠なことが理解し難しくない。  

  おすすめ:   

  酔うエビ:原料:エビの600グラム、紹興酒の適量。製法:エビをきれいに洗って、頭の須を切り取って、胃袋の腸を割ります。再びエビを紹興酒と一緒に2分煮て、自分の好みによって、適切に調味料をプラスします。1時間浸した後に食べる。

  効果:腎臓がびくびくして、インポテンツ性機能減退等の病気に主治します

  金曜日:海の中で卵――イガイ   

  イガイの別名は玉の野菜、淡菜、青い口があり。豊富な蛋白質、ヨード、B族のビタミン、亜鉛、鉄、カルシウム、燐などをくわえます。漢方医はイガイが肝臓と腎臓にいい、精力と血を補う、各種のびくびくする病気を治療することができます。味がしょっぱくて、性は暖かくて、腎臓を暖かく固精、息をよく虚を補う効果があります。男子性機能障害、夢精、インポテンツ、、消渇などの病気にに適用する。男子は常に食べると体を強め、性機能強化が出来ます。 

  おすすめ:   

  松花のイガイのお粥:原料:ピータンの1個、イガイの50グラム、うるち米、塩、化学調味料はそれぞれ適量です。方法:ピータン、イガイ、うるち米は共にかゆを煮て、塩、化学調味料をプラスするのは味をととのえる良いです。

  効果:肝臓と腎臓にいい、精力と血にいい、いらいらを改善。高血圧病に適用します。

 

  土曜日:川の中の牛乳――カキ   

  カキは食品であり、同時に薬であり。豊富な亜鉛の元素と鉄、燐、カルシウム、優良品質の蛋白質、炭水化物などの多種の栄養素を含みます。その種類がしょっぱくて、性は小さくて冷たいです。《神農の本草経》中は“久しく従って、強骨節、邪気を殺して、長生き”。

  《本草綱目》は記載して、カキの肉“細くて清潔な皮膚、腎臓を補って精力をつけて、そしてびくびくを治す、丹毒を解き”。カキの殻はひたすら漢方薬で、性は小さくて冷たくて、味はしょっぱくて、肝臓、腎臓に入って、肝臓の潜む陽と引き分けすることができる、結び目に散る硬いを柔らかく、収斂して渋味をおさめる。歴史の上でナポレオンとカセサルは非常にカキを食べることが好きで、男子は常にカキを食べると性機能を向上と精子の品質改善ができます。山芋、オニバスの実、蓮子、ブタ肉と一緒に煮ることができて、腎虚を治療することができます。更にカキをスッポンと一緒に煮込むことができて、あるいはニラがカキの肉を炒めることをして、少しの牛肉あるいは羊肉をいれて、卵白質に候補、口当りはとても良いです。

 おすすめ:   

  天然のカキスープの方法:1.新鮮なカキの肉の60グラムはきれいに洗って、小さく切ります;2.ノリのお手入は大きい碗の中に入れて、コンソメ、蛎スライスした肉、ネギのみじん切り、細い姜絲をプラスして、蒸し鍋を入れて30分蒸します;3.精製塩、化学調味料、胡椒の粉、紹興酒に加え。

  

  

  日曜日:生きている水産——魚類   

  沿海地区の住民は多く魚類の食品を食べて、そのため彼らは常に子孫のいっぱいです。魚類は理想的な性欲食品です、特に鯊魚の肉は、性愛の“触媒”として今なお依然高い名声を有します。魚は豊富な燐と亜鉛などを含んで、“夫婦性の調和素”と言うことがあります。

  すべて体内は亜鉛に欠ける者は、男性は精子量が減、品質も下落ことが現れて、そして深刻な性機能と生殖機能減退を伴って、女性は体重の下落が発生して、性交時腟は液体を分泌減少等病状が有る。

 おすすめ:   

  タウナギ――栄養が豊富で、そして性欲を強めることができて、多くの人はタウナギを食べると“精力をつける生精”ができると思っています。聞くところによると、古代が怪力の持ち主しています,彼らは力はなぜ大きくて比類がないのか、常にタウナギを食べる原因のため。唐代《名医記録》に:“主なが体補うと血改善”と載せました。《食療の本草経》は:“五臓を補って、12風邪を追い出す、リューマチを治療” と載せます。